窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

Home > ハウス > 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの塗替えについて|窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの塗替えについて、問題がない場合や注意事項、窯業系サイディング材塗装に関する知識をご案内。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所なら無料で専門家にサイディング塗替えの相談ができます。

築10年の中古住宅を購入し、住み始めて5年が経過しました。家の周りに雑草が生えていたので、草むしりをしていた時に転びそうになり、サイディングに手をつきました。すると自分の手に粉っぽさを感じ、見てみるとサイディングの粉がついていました。インターネットで状態を検索してみると、サイディングの寿命とのことでした。すべての交換すると数十万円の料金が掛かることも書いてありました。その時は余裕がなかったため、応急的なものでしたが、自分で防水塗料を買って塗替えることにしました。まず、出来る限り表面の汚れを拭き取り、シートとテープで養生しました。その後、本来なら下地材を塗るところですが、経費節約のため、いきなり塗料を塗り込みました。粉っぽいところは2回塗り、それ以外は1回塗りにしました。作業日数は、週末の休みを利用しながらだったので、合計4日かかりました。塗料は全部で一斗缶3缶を要しました。その他、養生シート、テープ、刷毛、ローラー、コーキング材と雑材を含めると、経費は約30,000円くらいで塗替えることができました。一時しのぎにしては良かったと思います。それから2年後に、すべてのサイディングを交換し、現在はキレイな状態で生活しています。