Tonoホーム

Home > 娯楽 > Tonoホーム

ビーチハウスの家づくりなら茅ヶ崎のTonoホーム

海の家の関連情報

海の家(うみのいえ)とは、海沿いに建てられた施設や店舗。 企業従業員、官公庁職員、市民に対する保養のための厚生施設。 海水浴場で海水浴客の便宜を有料で提供する小屋。2.について、営業形態は主に2つある。海水浴シーズンと共に仮設小屋を建てて営業し一定期間後に撤去する形態と、建物を建設した後は季節により撤去せず、主に夏に営業して年間収益の多くをその時期に得るが、他の季節は、様々なイベントに貸し出したり、そのイベントに伴う食事の提供を行なうこともあり、また曜日や時間帯を限定してレストラン・食堂として営業する場合もある。 なお、海の家を「浜茶屋」(はまぢゃや)と呼称する地域は、山形県、新潟県、北陸三県、京都府、兵庫県(日本海側)など日本海沿岸地域、および、三重県である。 本項では、2.について解説する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茅ヶ崎・湘南でビーチハウスの家づくりを行っています。自然のリズムに帰り、リラックスして、ありのままの自分に戻っていくような。。そんな力が海にはあります。現在は太陽の光と風が感じられる湘南・茅ヶ崎、今年はハワイ支店を開設する予定です。

大学生の頃にサーフィンにはまったので、頻繁に茅ヶ崎の海に通っていました。社会人になってからは、経済的に余裕が出るようになったので、ボードやウェアにこだわるようになりましたが、もっと頻繁にサーフィンを楽しみたいと考えるようになりました。普段は都内のマンションで暮らしていますが、週末は茅ヶ崎に通っているので、いっそのこと、茅ケ崎で小さくてもいいので家が欲しいと考えました。知り合いのサーファーはサーファー好きが高じて移住してきたということですから、自分もそんな理想的な暮らしをしたいと考えました。それほど大きい家ではなくサーフボードを収納できて寝室とリビング、シャワー室くらいがあればいいと考えました。そこで地元の建設会社に相談したところ、ビーチハウスが良いのではないかと提案されたました。その会社が施工したビーチハウスを見せてもらったところ、とても素敵だったので任せることにしました。シンプルな雰囲気が好きなので、基本は白で統一してもらい、窓を大きくとって室内に太陽の光が沢山入るように設計してもらいました。天井が高くてハワイにいるような外国の雰囲気のビーチハウスになり、満足のいく家をたてることができました。