浪貝畳店

Home > ライフ > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

息子夫婦と同居をすることになり、畳張替えをしようと決めました。若い世代なので少しでもオシャレにできたら良いなと思い、世田谷区にある畳店で依頼をしました。親身になって話を聞いてくれて、細かい所まで真剣になって提案してくれました。息子夫婦も喜んでくれるデザインで、二色のオシャレな畳の空間になりました。本当にこれが畳なのかと感じるくらいで、裸足でいるのがとても気持ちが良いなと思います。畳張替えをして良かったなと感じ、作業もとても丁寧にやってくれて安心できました。技術が高く、若い世代にも喜ばれる畳に感動しました。世田谷区にある畳店は、時代の変化に合った畳の提案をしてくれるので良いなと思います。見積りも無料だったので、安心して任せる事ができました。初めての畳張替えで面倒だなと感じていましたが、スムーズにできたので良かったです。新鮮な気持ちになり、畳のにおいも心地よいものでした。他の部屋も畳張替えをしたいなと感じるくらいの満足できる出来栄えでした。希望通りの空間になり、予算内でできました。息子夫婦との同居も、スムーズにできそうな気がしてきました。過ごしやすい畳の部屋になり、心が落ち着くなと感じています。

注目キーワード

四畳半神話大系
-森見登美彦による長篇小説第2作。2004年12月((奥付は2005年1月5日))に出版された。 -2010年、TVアニメ化。フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送。 asin:4872339061:detail asin:404387801X:detail
石畳
道路の路面に自然の石をタイルの様に敷き詰めたもの