mormor

Home > サービス業 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

昨月、臨時でベビーシッターを利用しました。我が家には2歳の子供がいて、普段は妻が面倒を見ているのですが、妻の体調が若干悪くなり、一日子育てを休ませて休暇を取らせる目的で利用することにしました。 やはり、自分の子供を預けることになるので、利用するベビーシッターサービス業者は慎重に選びたいと考え、いろんなツールで比較をしながら、評判がよさそうな業者を利用することにしました。 東京近辺で比較的評判の良かった、モルモルという業者を見つけて、こちらを利用することにしました。自宅までシッターの方が来てくれて、子供の世話をしてくれるということでした。最初にインターネットの専用フォームから会員登録をする必要がありましたが、その手続きは簡単なもので、短時間で登録を終えることができました。その後、ベビーシッターの予約をしました。申請の日から一週間後の予約をしたのですが、まだ埋まっていないということでしたので、申請を終えることができました。 とても優しそうな中年の女性が来てくれました。シッティングの後、レポートを提出してくれました。子供の機嫌の動向や、食事をした時間とその量などが細かく記載されていました。ベビーシッターを依頼する機会があれば、次回もモルモルを利用しようと考えています。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃんはどこからくるの?
セガより2005年10月20日に発売されたニンテンドーDS用タッチアクションゲーム。略称はあかどこ。 サイケデリックなビジュアルとバラエティーに富んだゲーム性が話題になった『きみのためなら死ねる』の続編。 ファ...