アテネ・フランセ

Home > 学校 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

仕事でフランスに行くことになったので、東京のフランス語の学校に通い始めました。海外経験はあって、英語はある程度話せます。完璧ではないのですが、自分の意思を伝える程度の話はできます。でも、フランス語はさっぱりでした。大学時代に第二外国語として勉強したのですが、先生が厳しい人で授業が嫌になりました。とにかく暗記ばかりさせるのです。 私が通うようになった学校の先生は異なっていました。単語を覚えるように言われるのですが、暗記を強制することはありません。そのせいでやる気を持って、勉強できます。いろんな会話を生徒に話させるようにするのが、うまい先生です。会話の中で使っていれば、自然に覚えられるようになります。 私の場合は、英語ができるのがプラスになったみたいです。英語とフランス語には共通する要素がいくつかあります。それでも、学校で勉強しなかったら、いつまでも上達しなかったと思います。発音が難しい気がします。うまく発音できない音がいくつかありました。そんな音を、先生がマンツーマンで指導してくれたので、助かりました。 この学校で半年ぐらい勉強してから、フランスに行きました。学校で学んだことが役立って、会話で不自由することは少なかったです。

注目キーワード

フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...
フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。