京生麩のお店 愛麩

Home > ライフ > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都にはいくつかの名産品がありますが、その中でも特に有名になっているのが、和菓子だと言えるでしょう。京都に旅行に来た場合は、まず和菓子を購入することを考えてみると良いかもしれません。自分で食べる分にも非常に良いですし、お土産として持って行くにも非常に良いと言えるでしょう。特にオススメできるのが生八つ橋になります。生八つ橋は、京都代表する名産品と言えるので、訪れた際にお土産として購入すると、受け取ってくれた人が非常に喜んでくれる傾向があります。生八つ橋は、非常にたくさんの場所で購入ができますが、インターネットなどで調べて、特に有名な場所で購入をするとさらに喜んでもらえる可能性が高くなります。初めて京都に旅行に行く場合は、どこが有名なのか全く把握できない場合が多くありますが、インターネットを使って有名な店を検索するとすぐに把握できます。自分がその時いる場所から、有名な店までかなり距離があると言う場合もあります。この場合は大きく移動するのではなく、自分がその時にいる場所の有名な店で購入をするようにしましょう。確かに有名であればそれだけ喜んでもらえますが、自分の旅行の時間を削ってまで移動する必要はありません。また京都にかなり詳しい人でなければ、どこの店が1番有名なのかなども把握できていないので、どの部分も安心できる要素の1つになります。なかなか難しい部分ではありますが、お土産を何にすれば良いのか迷っている場合は、生八つ橋などを購入するようにしましょう。若い年齢の人でも喜んでくれる人はたくさんいますが、特に喜んでくれるのが年配の方々になります。かなり人気がある和菓子でもあるので、会社の上司に何かお土産を買っていきたいと考えている場合や、自分の親にお土産を購入したいと考えている人は、生八つ橋を選択肢の1つと考えてみると良いでしょう。あまり価格も高くないので、旅行に大きく影響してしまうほどお金を使う心配をしなくても良い魅力もあります。

注目キーワード

日本料理 龍吟
日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......