コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学校 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

コミュニケーション能力はビジネスを実施する上で、一番重要なスキルのうちのひとつと考えても誰も異論はないでしょう。多くのビジネスがコミュニケーション抜きでは成立しません。 コミュニケーション研修は、通常何気に行なっている意思の伝達が、食い違いや思い違いが起きないように、コミュニケーションの基礎部分をあらためてつかみ、テクニックや手掛かりを得る研修ということを意味します。 コミュニケーション能力が求められるのは社外の方やクライアントに対してのみならず、自分の会社や部署内、上役と部下というような身近にある間でも、重要だと言えます。会社内を活発化し、一層引き伸ばすのはコミュニケーションを欠かすことができません。 コミュニケーション目的そして、大事な事やどういったことがミスしているのか、という基礎的なところを、フレッシュな世代や新入社員に加えて、管理職でも意欲的に学んでいくことが求められます。コミュニケーション能力を高める研修のプログラムは、まず第一にコミュニケーションのベーシックな中身を会得することからスタートします。新入社員や中堅社員、さらに管理職向けによっても欠かすことができない能力は違いがありますが、数多くのコミュニケーション研修は、一般企業の総合職仕様であるものが頻繁にみられます。 職種により研修の中身についても異なってくるため、エンジニア用、大学職員用、接客業用などの分類も見受けられます。 それに加えて、外国の人たちを上司に持つ日本人に特化した研修などもあります。業種に因るコミュニケーション手法の相違、さらにコミュニケーションを取る相手方によっての相違、などを非常に細かく捉えた中身になっています。以上のようにコミュニケーション研修は、中身が勤務内容によって部分分けされている研修の為、自分の会社の就労内容にふさわしい研修カリキュラムを組みたてることがより肝要になってきます。